ノマドワーカーの普段遣いにオススメすぎるバックパックNorth face Bite slimを手に入れた

ノマドワーカーの普段遣いにオススメすぎるバックパックBite-slimを手に入れた ガジェット

服にも髪にも化粧にも無頓着な私ですが、カバンには結構こだわりがあります。

まず今までの私のカバン遍歴を語りましょう。

私のカバン遍歴

コールマン



Masterpiece Potential



North face bite slim

Biteslimの外側ポケット

PCが入る普段遣いできるリュックがほしい

そもそもなんでコールマンを購入したかというと、欲しくて欲しくて仕方なかったMasterpieceのリュックがタイで販売されていなかったから。

PCを入れられて、しかもおしゃれで気取っている感じのない見た目もおしゃれなリュック。

ただ、タイでは買えない。

つまり妥協案だったわけです。

コールマンならタイでも買えました。

だけど案外コールマンのリュックも使い勝手が良くて、余計な間仕切りがないから普段持ち歩くようなものはだいたい入れることができるし、旅行にも大活躍。

2〜3泊の軽めの旅行から、10泊11日の長期旅行もこれ1つで大活躍。

約1年間大活躍でした。

全く期待していなかったやつの予想以上の活躍っぷり。

ずっと欲しかったMasterpieceのPotentialを買う

コールマンはコールマンですごく気に入って使っていたんですけど、やっぱりあくまで欲しかったのはMasterpieceで定期的に欲しくなるんですよね。

で、一時帰国したときに買いました!

買ってしまいました!

35,000円高い!!

でも、やっぱりずっと欲しかったので見るたびにうっとりしちゃうこのかんじ。

もっと適当に使えるリュックがほしい

Masterpiece超好きなんですよ!

すごく気に入ってるんですよ!

ただね、これを欠点としてあげるのもどうかと思うんですけど、過保護リュックになってしまったんです。

おしゃれだから、細部に革とか使ってあって、絶対雑に使いたくない。

てか、35,000円ですよ?

シミとかできたら嫌じゃないですか。

バンコクのスコールの中で持ち歩くの心配とか思っていたら、すごく過保護に扱うようになってしまって、もっと手軽に扱えるリュックがほしいと思うようになりました。

コールマンもいいんだけどちょっとくたびれたてきたように思うので新しいリュックを買うことに。

そして私はNorth face Bite slimを手に入れたのでした!

新しく購入したBite slimはPCを持ち歩くノマドワーカー用バック

そして今回手に入れたBite slimです。

Bite slim扱いがないみたいなので、同じ作りのShuttle Daypack Slimがこれ

このリュックはNorth faceが作ったビジネスリュックで、ガジェット系の持ち運びに特化しています。

Bite slimはかさばらないものを持ち歩くのに最適のスリム設計

biteslim横から見たところ

私普段ノートPCとノート手帳、スマホとバッテリー、気が向けばプラスiPadくらいしか持ち歩かないんですよ。

そこそこな重量にはなるけど厚みのないものばかり。

例えば、私が超絶気に入っているMasterpieceのPotentialとかだと、厚みのないものばかり入れていてもリュック自体に厚みがあるから無駄に膨らんでいる部分があって電車とかだとじゃまになったりするんですよね。

それがBite slimだとほんんどありません。

私の荷物、それだけを入れるために特化したような設計になっています。

なので、これプラス例えばカメラとか持ち歩くのであれば入るスペースがないので他のリュックを使うようにします。

Bite slimの収納スペース

このリュックは大きく分けて3つのスペースに分かれています。

biteslim収納は3つ

メインのPCや書類を入れるスペース

ここはパカっと開けるとアコーディオンのようになっていて、さらに3つに分かれています。

north face bite slimメインのスペース

メインのPC入れとタブレット入れと書類入れ。

なんと丁寧にここPCです。ここタブレットです。とアイコンまでつけてあります。主導権は私ではなくバックにあります。笑

PC、タブレット、書類など厚みのないものを分けていれるようになっているので、それぞれのスペースは薄く、厚みのあるものを入れるのには適していません。

ミラーレス一眼くらいなら無理やり入れられますけど、間仕切りグシャってなるのでおすすめではないです。

もしこれにプラスカメラとかも入れたいって思う人はslimではなくてBite無印やShuttleを買うのをおすすめします

SlimではないBiteやShuttleだとこのPC間仕切りのスペースとは別に大きな間仕切りのないスペースがあるのでそこになんでもポイポイ入れれそうです!

ただ、このBiteやShuttleのシリーズの色んな人のレビューを見ていると肩の背負うところが弱ってきたというのをたまに見かけたので、あくまで必要最低限のものだけ入れるバックとして使うようにSlimを使うのがいいかなって個人的には思います。

いっぱい物を持ち歩きたいなら、今まで使っているMasterpieceのPotentialやコールマンでもいいかなっておもいます。

バックの表面の2つに分かれたスペース

Biteslimの外側ポケット

ポケット上

大きなメッシュポケットと薄いポケット


このメッシュのポケットに私はmacの充電器を入れています。

ケーブルがカバンの中でほどけてばらばらになって他のものと絡まることが今までは結構ありましたが、ここに入れるようになってなくなりました。

薄いポケットはパスポートがピッタリ入るくらいの大きさ。

私のHuawei P20Proも(6.1インチ)もすっぽり入るのでよほどの大型端末使っていない限りはだいたいのスマホは入るのではないでしょうか?

私はBluetoothイヤホン使ってるので、スマホもカバンに入れっぱなしで使うことが多くなりました。

その小分けにされているポケットの外側にもそこそこ厚みがあるので薄いものなら入れても外から出っ張りが目立つことはないと思います。

私は家の鍵と財布を放り込んでいます。

ポケット下

このしたのポケットには薄いポケットが3つついています。

northface bite slim下のポケット

こちらはP20Proをいれるとキツキツなので上の薄いポケットに比べて横幅が狭く、そして浅いです。

ここの使いみちが私にはちょっとまだわからないんですよね。

ボールペンとかを指しておくには少し浅いのでペンのクリップも引っかかりません。

薄いポケット厚みないので入れるものないならないで別に使わなくてもいいと思うんですけど、みんな何に使っているんだろう。

私は小分けポケットの外側にモバイルバッテリーとかマウスとかここに入れています。

スリム設計と言いつつも厚みのないものであればそこそこ荷物は入ります

ちなみにだいたいこのくらいを詰め込んで歩いています。

カバンの中身

雨に強い

リュックの生地にポリエステル900Dをつかっているそうで、多少の雨なら防げます。

ただ、止水ファスナーではないので完璧にというわけではなさそうですね。

雑に扱ってもいい気がする

水を弾く素材なので汚れにくいし、耐久性もあるので多少雑に扱っても大丈夫そうです。

あと値段も15,000円切っているので、気持ち的にもラフに使えます(当社比)。

このリュックをおすすめする人

  • 厚みのない荷物が多い人
  • ガジェット類の持ち運びが多い人
  • シンプルなデザインが好きな人
  • ある程度雑に使いたい人

このリュックは外で仕事するフリーランスやノマドの人に超絶オススメです。

シンプルなのでビジネスで使うのもいいとおもいます。

コメント