Insta360GO購入レビュー!旅動画用カメラの新定番!とにかく手軽で使いやすい!

Insta360goは旅行カメラの新定番 ガジェット

こんにちは、バンコクの散歩動画をYoutubeにあげているアオヤマです。

とにかく歩きながらの撮影が多い私ですが、1年ちょい前に色々吟味した結果GoProが手ブレも少なくていい!という結論になりました。

あれから1年・・・GoProを使ってみてどうだったか?

良いところもあるんだけど、もちろん不満もやっぱりあって、どうにかならないかなって思っていたそんな時、友達からすごいアクションカムがあると教えてもらいました。

それは、Insta360GO

まずはこちらの動画をごらんください。

こんなカンジの動画が撮影できて、編集までスマホ1台で完結できます!

Insta360GOとは

Insta360GO

Insta360GOはInsta360という会社からでたアクションカメラで、Insta360は中国企業で360度カメラに力を入れています。

Insta360GOは360°カメラではなく180°カメラです。360°カメラは表と裏に1つずつカメラがついているので、これはカメラが付いている前面の180°だけなんです。

このInsta360の最大の特徴はその小ささ。

Insta360GO親指サイズ

なんと親指にすっぽり隠れるサイズで、たったの18g!!

このカメラは強力な磁石になっていて付属のアダプターを使えば服につけて歩きながら撮影したり、バスの窓にくっつけて座っている自分を撮影したり、換気扇にくっつけて料理動画を撮影したり!

工夫次第でいろんな方法で撮影できます!!

面白そうでしょ?興味わきましたか?

しかもこのカメラ23,800円と他のカメラと比べると割と手の出しやすいお値打ち価格です。

ちなみに私はタイに住んでいて、タイでの価格は7,499バーツから色々割引があって6,700バーツ(約23,500円)くらいでした。

さて、それでは開封編です!

Insta360GO開封の儀!

それではInsta360GOを開封していきましょう!

Insta360GO開封

同梱物はこんなカンジ。

カメラ本体、バッテリーケース、USBタイプA、タイプAtoタイプC、ペンダント型マグネット、クリップ型マグネット、粘着マグネット、カメラ三脚用アダプター、三脚用アダプターの台座、ステッカー2種類×2枚、説明書類

もうこのカメラ本体の薄さ!!見てくださいよ!!

充電などはAirPods方式とでも言うべきか、使用したらバッテリーケースに入れて充電します。

ケースに収納して充電するので、ケーブルの差込口などついていません。

本当にシンプルにカメラとボタンだけの構造です。

これだけ軽いといろんなことができると思うんですよね。

猫の首輪とかにくっつけたら、猫の視点の動画なんかも作れると思うんですよね!ただ、私は知り合い(?)の野良猫はたくさんいるんですけど、飼われている猫の知り合い(?)はいないので、これはまだ試せてないんですよ。

いくら人馴れしているとはいえ、突然首輪なんかつけられたらびっくりするだろうし・・・

Insta360GO使ってみた

購入して実際に3日程使ってみたので、どんなふうに使っていたかごらんください!

Insta360GOで撮影編

いろんなマウントを使えるんですがとりあえず私が試してみた撮影方法はこんなかんじです。

・帽子を使っておでこマウント(一人称視点)

・バイクのサイドミラーにくっつけて走行風景自撮り

ちなみにこの方法で撮った動画はもろに顔が出ちゃってるので作例には入れておりません。なのでどんなふうになるかだけ写真で載せておきます。

・フロントフェンダーにくっつけて撮影(落下が怖いので500メートル程試しました)

Insta360バイクにくっつける

Insta360GOで編集編

動画を撮影したら次はいよいよ編集ですが、まずは撮影したデータを読み込まなくてはなりません。

Insta360GOのライトニング端子を直接iPhoneの充電口に差し込みます。

読み込めたら今度は編集です。アプリに用意されている13種類のテンプレートを使うか、自分で全部作っていくようになります。

テンプレートを使用したものはだいたい20秒程度のものが多くて、TwitterやInstagramにあげるのには良いかなと思うんですが、youtubeの動画にするにはテンプレートを使わずに作るのが良いと思います。

使う動画を選んで動画としてどこを表示させるかを設定したり、クリップの長さや色味を調整します。また文字を入れることもできます!ただしフォントは選べません。

特にこだわりがなければAIにまかせてしまうのも手だと思います。AIが動画の良い部分をいい感じに加工して動画を作ってくれるので、ボタン押すだけで編集が終わります。

この編集工程はyoutubeで動画にしようと思ってるのでYoutubeの方を見ていただけるとよりイメージが湧きやすいかもしれません!

 

Insta360GOでできた動画がこちら

パソコンは使わずにスマホのみの編集なんですが、結構良くないですか??

テンプレートさえ選べばあとはボタンを押すだけでAIが勝手に動画を作ってくれます。動画と動画の間のトランジッションをつけたり、それぞれの動画の色味を調整してくれたり、BGMつけてくれたり。もちろん自分で1つずつ決めることもできます。

これは室内、暗所色々撮影した動画、暗いところでもネオンがある場所なんかではそれなりにキレイだと思います。GoProは夜に限って言えば本当に使い物にならないので・・・それよりは全然良い!

バイクにくっつけて走ってみた動画。これは最初はフロントフェンダーにくっつけて走っていて、後半はヘルメットのおでこ部分につけています。カメラはほとんど正面を向いているのですが、180°カメラなので角度を上に持ち上げて大木の下を走っている様子が表現できたり面白い動画になったのではないかと思います!

Insta360GOの良いとこ、悪いとこ

Insta360GO買ってよかったところ

・とにかく目立たない

私は普段散散歩動画のほとんどをiPhoneで撮影しています(GoPro使ってないんかい!!)。iPhone11Proは動画がかなりキレイで、youtubeに出せるレベルだと私は思っているんですが、撮影してると目立つんですよね。iPhoneを横に構えているので、すごく目立ってしまうんです。散歩動画ってその場所の自然な姿を撮影したいのにめちゃめちゃ浮いてしまうんですよね。Insta360GOは本体が小さく、マグネットで服に挟んだりもできるのでそんなに目立たないと思うんですよね。撮影中はランプが点滅するので対面で会話していたりするともちろん相手も気が付きますが、すれ違うくらいだとほぼ気にされていないと思います。

・どこにでもくっつけられるので便利

同梱物の中にいろんなマウントがついているのでかなりいろいろな場所にカメラを設置することができます。工夫次第でかなりインパクトのある動画が撮れると思います!

・データのやりとりが楽

Insta360GOはiPhoneに直接つないでデータをiPhoneに保存できるため、パソコンが無くてもデータの管理ができます。これがものすごく使い勝手が良いです!カメラやGoProのデータをスマホに転送したい場合、wifi接続でやりとりするっていう機能を使うと思うんですが、これが結構時間がかかるしwifiの設定を変更しないといけないから時間がかかるし、なかなか接続できなくてイライラする事もあるんですがInsta360は物理的にスマホとつなげるので

・自分で見ているのとほぼ同じ視野の動画が撮れる

帽子の後ろのベルトの部分にクリップマウントで固定しておけば自分の目線とほぼ同じ高さの動画が撮れます!これは散歩動画を撮っている私向きだとおもうんですけど、例えばGoProだって帽子につけるマウントはあるんですがかなり大袈裟な感じなってしまうのでこの方法での撮影はかなりお気に入りです。

Insta360GO帽子にくっつける

・適当に撮影していてもだいたい撮りたいものは入っている

180°撮影しているので、適当に撮っていても後でカメラの向きを調整すればだいたいはおさまっているので、あとでどうにでもなります。

Insta360GOイマイチだったところ

・内蔵メモリーなんとたったの8GB、SDカード等は使えない

Insta360GOはMicroSDなども入らない構造なので、内蔵メモリーで全てまかなわなくてはならないんですが、その容量がなんと8GB・・・今どきそんなに内蔵メモリー少ないことあります?しかもこの8GBがまるまる使えるわけではなくて、実際に使えるのは6.6GBとかそのくらい。

・撮影時間が15秒・30秒・60秒しか選べない

Insta360GOは長い動画は撮ることができません。これはちょっと不便なんですよね。私はyoutubeで散歩動画を作っていて、1シーン30秒くらいの動画をつなぎ合わせてる事が多いので、ほとんどの場合は60秒で足りる。でも、たまには3分とか5分の動画を撮りたいこともあるんですよね。

そういう場合は、このカメラ以外のカメラを使って、カメラを使い分けるしかないかなと思っています。

そんなに長時間動画がぽんぽん撮れてもストレージ8GBしかないから結局困るんですけどね・・・

・スイッチがオンになってるかが分かりづらい

「スイッチ入れたらブルッと震えて撮影開始、撮影中はピカピカ光る」んですけど、これがけっこう分かりづらいんですよね。カメラ本体を持っていればブルってしたのが分かるんですが、服にくっつけたり帽子にくっつけたり1枚挟むともうブルッが伝わってこないんですよ。それできちんと撮影がスタートしてるか覗き込んだりしないといけないんですけど、それを15秒とか30秒の短い動画の中でやるのって時間のロスだと思いませんか?

・画質はあまり良くない

暗いところとかだとやっぱりザラザラするのでそんなに良くはありません。でも暗所に限って言えば、GoPro Hero7なんかよりはよっぽどマシだと思います。GoPro7は夜は本当に使い物にならないので、光がブワッてにじむ感じになります。それに比べれば全然良いと思う。

・スマホカバーをいちいち外して接続しなくてはならない

Insta360GOはライトニング端子がニョキッと出ていてそれをiPhoneの端子に差し込むことで接続できます。これはすごく便利なんですがInsta360GO側の端子に遊びがないのでiPhoneにカバーをかけた状態だと接続することができません。接続するたびにカバー外して〜差し込んで〜ってやるのがすごくめんどくさいです。とはいえiPhoneを裸で使う勇気が私にはないのでいちいちつけたり外したりをしています。

・Tシャツの胸部分につけると女性は胸が動画に入り込んでしまう

一日目はマグネットペンダントでTシャツの胸部分にくっつけて撮影していたんですが、時々胸が見切れてしまうんですよね。これは巨乳自慢なんじゃなくて、私が太っているからなんですけど、かといって首近くまでカメラを上げると今度は上に顎が見切れてしまったり、もういっそサラシ巻きます?そういうわけで結局私が歩きながら使う場合はおでこマウント一択になってしまうんですが、これはちょっと目立つんですよね。スマホ構えて歩くよりは良いけど、気づいた人はなんだそれ?ってなるし・・・

Insta360GO結局どうなの?

私のように散歩動画やVlogをやりたいって人にはかなりおすすめです!

不便な部分も多いのでできることは限られますが、なんとなく撮ってなんとなく編集してもそれなりにかっこいい動画ができるのでめんどくさいことしたくない人にはかなりいいと思います!

遊びに行ってその帰りの電車でiPhoneに動画を読み込み→動画を編集できます。そしてその場でTwitterにアップ!とかね。気楽でいいですよね。

値段も2万円程度で比較的安価なので手も出しやすいかな。

ひまだと家に引きこもってしまう人には、Vlogを作ることが外出のきっかけになったりするのでよいのではないでしょうか!

Insta360GOの動画はTwitterやyoutubeでもどんどん公開していく予定なので、もし興味があったらフォローしていただけるとうれしいです!

コメント

  1. […] […]