【スクー】先延ばしは1冊のノートでなくなる 「本当にやりたいこと」を達成する超簡単ノート術

ビジネス

学校を卒業してしまった大人の学び場でおなじみ(?)スクーで今日もお勉強に勤しんでいるアオヤマです。

今日もスクーでいくつか授業を見たのでそのアウトプットをしたいと思います。

先延ばしは1冊のノートでなくなる 「本当にやりたいこと」を達成する超簡単ノート術

講師は大平信孝先生。

アドラー心理学と脳科学を組み合わせた目標実現法を提唱している方でビジネス書もいくつか出されている方有名な方です。

授業の内容

先延ばしをしないために2つの事を実践してみよう。

  1. ぶっ飛んだ目標を作る
  2. 10秒でできることをノートに書いて実行する

授業ではこの2つのことに焦点をあてて話をしていました。

1.ぶっ飛んだ目標を作る

今の自分の枠からはみ出るような目標をたてます。

その目標は人にとっての難易度ではなく自分にとって難しいものを選びます。

例えば、家族みんなで旅行に行くという目標を立てるとします。

これは勤めている会社や家庭環境によって難易度は全然変わってくると思いますが、自分にとってそれが難しいことであればこの目標でOK。

「でも」と「だけど」はとりあえず置いておいて、自分がワクワクする現実性のあるものを選びましょう。

目標を立てることにより、「その気」なって現実に向けて動けるようになってきます。

目標がないことはゴールのないサッカーをしているようなものなのでモチベーションを維持することが難しいです。

2.10秒でできることをノートに書いて実行する

まずなんでもいいのでノートを用意します。そのノートを4分割します。

このノートは行動イノベーションノートといってこのノートに毎日嬉しいと思ったことなどを書いて最終的に10秒でできることを書いていきます。

行動イノベーションノートの書き方

  1. 昨日1日でうれしかったこと、感謝したこと、良かったことを書く
  2. そのことについて改めてどのように感じたかを書く
  3. 今日1日はどうしたいかを書く
  4. 10秒アクションを書く

この4つを毎朝ノートに書きます。

書き続けることが重要なので目に触れやすい場所に起きようにしましょう。

例えばスマホの充電器のそばに置いておくとか。

では実際にどんなふうに書くか例を書いたので見てみてください。

iPadで書いたんですけど出力すると字が汚くて悲しくなりますね。今度書き直します(´・ω・`)

あまり時間をかけずに3分くらいで書くようにしましょう。

あまり時間をかけるとこの作業自体が億劫になってしまうので短く区切ることが大切です。

3分はかって3分過ぎたらもう書き込めないというルールを作るのもオススメです。

④の10秒アクションはとにかく簡単にするのがポイント

例えば10秒アクションを「ランニングする」に設定すると今日寒いしな・・・などとなかなか動く気になりませんが、「くつを履く」など動作単位に落とし込むと動き出すまでの難易度がぐっと下がります。

不思議なもので靴さえ履いてしまえばもうついでに走り出すのも簡単ですしね。

他の例をあげるなら、

ブログを書く→ブログの入力画面を開く

本をよむ→本を開く

などです。

とにかく行動することのハードルを下げることが大事なんですね。

私も先延ばしにしていることだらけなので、しばらくこのノート実践してみようと思っています。

ちなみにこの授業2/28まで録画授業が無料公開されているらしいので、興味のある人はそちらも見てみてください。

※28日以降はおそらく有料になりますが、有料会員も月1,000円で見放題なので他に勉強したいことがスクーにあるなら登録してもいいかもしれません