【タイ移住】タイで暮らして困ったこと【アパート・コンドミニアム編】

最近バンコクは毎日雨で何もやる気が起きません。

早く雨季終わってくれ〜って思っているアオヤマです。

タイで暮らして6年経ったんですが、タイで暮らしていて色々困ることってあるんですよ。

今日は私が今までバンコクに住んでいて困ったな〜と思ったことをアパートやコンドミニアムのことに限定して話していきたいと思います。

ちなみになんですけど、この話題youtubeでもしているので、もし興味があったらそちらもどうぞ!

タイで暮らして困ったこと アパートコンドミニアム編

今まで私はバンコクで3軒のアパートやコンドミニアムに住んだことがあるんですが、共通して言えることは作りが甘いということです。

もちろん家賃にかけている金額によったらそんなことねえよ!!って思う方もいるかも知れないので、私の場合はこんなことに困ったよ!っていう話です。

ちなみに私がどんなところに住んでいたかっていうのをざっくりと説明しておくと、

1軒目 シーロム方面川の向こうのアパート
家賃8,000バーツ、25平米、駅徒歩10分、3F。
大通りの1本内側なので静か。周りは住宅で、買い物できる店はあまりない。
2軒目 オンヌットのコンドミニアム
家賃8,000バーツ、30平米、駅徒歩15分、8F。
最上階、角部屋、周りが森。眺望GOOD!
3軒目 エカマイのアパート
家賃10,000バーツ、30平米、駅徒歩10分、4F。
アパートの周りが建設ラッシュで昼間はずっとうるさい。壁が薄い?いろんなものがよく壊れるけど、言えばすぐに直してもらえる。

隣人の生活音筒抜け

今まで住んだどこの家も物音は気になっていたんですが、今住んでいる3軒目のアパートは特に隣人の生活音が気になります。

私がくしゃみをすると隣の部屋で飼われている犬が吠えます。

隣は友達同士で住んでるみたいでずーっと会話が聞こえてきます。

あまりにはっきり音が聞こえるのでどこから聞こえるのかなって聞き耳立てて部屋の中をウロウロしたらコンセントから聞こえてるみたいなんですよ。

予想なんですけど、おそらく壁の中が空洞になっててそのまま隣の壁ってなっているからコンセントの穴から音がめちゃめちゃ漏れてくるんだと思います。

これは本当にめちゃめちゃ困っていて、今の家結構気に入っているんですけど、もうすぐ更新なので引っ越そうか迷っています。

壁のスキマからアリが出てくる

これはたぶんタイのアパート・コンドミニアムではあるあるだと思うんですけど、壁のすき間からアリが出てきます。

3階だろうが、8階だろうが、4階だろうが、今までのアパートどこでもすべての物件で出てきます。

前の会社は10階だったんですが、会社でもアリは出ていたので、たぶんどこでも出るんだと思います。

そして結構慣れました。

特に雨季にはよくアリが出る気がするし、今日も私は朝からアリ退治をしていました。

網戸がない家が多い

タイの家には網戸がない家も多いです。2軒目のコンドミニアムには網戸はついていませんでした。内見の時にきちんと確認していなかったので引っ越したあとに網戸がないことに気が付きました。

網戸ってデフォルト装備じゃないの?

タイは年中暑いので、網戸がないと窓を開けて寝ることもできないし、本当に大変でした。

管理人さんに網戸どこかで買えないか?って聞いてみたことがあって、網戸屋さん呼んで採寸して作ってもらおうって事になったんですが、網戸屋がめんどくさくなったのか、何回かドタキャンされて結局採寸に来てくれませんでした。

なめてやがる・・・

私の場合は頼んだ網戸屋がハズレだったのかもしれませんが、どちらにせよ網戸屋さんと連絡とって、採寸してもらって、納品してもらって、ってなるとめちゃめちゃめんどくさいので絶対に最初から網戸があるところを探したほうがいいと思います。これからタイでアパートを借りる予定がある人は注意したほうがいいと思います。

台所がない、もしくはベランダにある

台所の有無に関しては完全に家賃にお金かけているかどうかで決まっている気がします。

私の住んでいた1万バーツくらいの家だと、簡単なキッチンが付いているかどうか物件によるって感じで、キッチンに関してはちょうどバラけた感じです。

2万バーツとかのコンドならもう少しちゃんとしたキッチンがついているみたいです!←友人情報

タイは外食文化だし、家で食べる場合も外で買って帰ってくる場合が多く、正直キッチンなくてもそこまで困らないんですよね。

私の家の台所事情を順に語っていくとこんな感じです。

1軒目台所スペースなし(流しも場所もそもそもない)

→アパートはそもそもキッチンとして使うことを想定しているであろう場所がなくて、皿洗うのも洗面所ですごく不便でした

2軒目、ベランダに台所あり(棚、流し台、コンロは自分で電気の一口コンロを買ってつけた)

→ベランダに半室内のキッチンあり。流し台つき!換気扇もないけど半分室外なので窓を開けていれば換気できる。常に窓を開けっ放しにしていた結果、小鳥が住み着いて大変なことになる。室外なので換気はできて便利だけど、暑いしわざわざ外に出ないといけなくてあまり使わなかった。

3軒目、室内にキッチンあり(棚、流し台、コンロは自分で電気コンロ置いた)

→室内にキッチンがあって流し台と簡単な棚がついています。すぐ横に冷蔵庫と電子レンジを置いているので調理にも便利です。ただし、換気扇がついていないので火を使う料理は玄関開けてやらないと室内が曇ります。

なんというか、日本に比べるとフル装備なキッチンではないので本当に簡単なものしか作れないし、外で買ったほうが安いしでどんどん料理をしなくなってしまいました。

女子力はどこへ?

トイレットペーパーホルダーがない

これはたまたまうちの家だけかもしれないんですけど、今まで住んだどこの家にもトイレットペーパーホルダーがついていなかったんですよね。

これ、地味に不便で例えば後ろの水のタンクの上とか、棚買ってきて置いてその上に置いたりとかしてます。

たぶんタイの人ってトイレットペーパー使わない人が多いみたいなので(トイレの横についているウォシュレットシャワーで流しているみたい)デフォルト装備ではないのかなと思います。

トイレットペーパー標準使用の日本人には不便です。

バスタブがない。というかシャワーが水

タイのアパートやコンドミニアムにはバスタブがないことが多いです。2万B以上とかお値段高めの物件であればバスタブがあるところもあるらしいですが、私が今まで住んだ物件は全てシャワーのみでした。

そもそもタイにはあまりお風呂に浸かる文化がないようで、私の友だちは旅行でタイ国外のホテルに泊まるまでバスタブに浸かったことがなかったといっていました。

それで、バスタブに関してはもう私はなくてもいいと思っているんですけど、2軒目のコンドミニアムの内見して超気に行ってルンルンで引っ越したら給湯器ついてなくて水シャワーしか出なかったこともあります。まさか給湯器がついていないなんて考えても見なくてびっくりしてオーナーに電話したら、「そうだよ!そこは給湯器ついてないけど、自分で取り付けてもいいよ!」と言われて自分で買ってきてつけました。(給湯器2,500B+取り付け料1,000B・・・)

昼は水シャワーで全然問題ないんですけど、夜はやっぱりお湯出てほしい・・・

ドアノブ壊れて家から出られない

これはたぶんうちだけ案件なんですけど、朝会社行こうとしたらドアノブ壊れて家から出られなくなったことがあります。しかもインターホンとかもついていないので管理人室に連絡して救助を求めるとかもできないわけですよ。

結局掃除のおばちゃんの気配がしたので中から叫んでドア開けてもらいました。

結局仕事には間に合わなくて遅刻したんですけど、上司に「ドアノブ壊れて遅刻します」は絶対信じてもらえないと思って体調不良で遅れますって言いました笑

洗濯機争奪戦が起こる

タイのアパートやコンドミニアムは基本的には家具家電付きなところが多くて、自分で色々買わなくて済むので楽なんですが、洗濯機は置いていないところが多いです。

そういった物件に住む場合、どうやって洗濯をするかというと、だいたいアパートやコンドミニアムの1階には共用の洗濯機が3台くらい置いてあって1回30Bとか40B払って洗濯するんですけど、みんなが洗濯したい土曜日の朝なんかは特に洗濯機が混み合って争奪戦が起こります。

この洗濯機争奪がなかなか大変で、タイミングによっては全て使用中で回し始めたばかりで1時間近く待たないといけないこともあります。

正直めんどい・・・

洗濯機の前に洗濯物を置いてちょうど終わった頃に戻ってきたら割り込まれてまた1時間待ちになったりとかね〜

洗濯機の使用状況、家からでも分かればいいんだけど、わざわざ下に降りないとわからないしめんどいです。

停電する

タイはとても停電が多いです。

一瞬停電して復旧する場合やが多いですが、長い場合は2〜3時間かかる場合もあります。

雨季の天気の悪いときは特に停電しやすく、仕事中に悲鳴が聞こえることもしばしば(セーブはこまめに!(T_T))

私がタイに来て一番印象的だった停電は日曜の夕方から3日間ずっと停電していたことです。これはうちのコンドミニアムの電気がおかしくなったらしくて、コンド専属の修理のおじさんが自力で直そうとして爆発してICUに運ばれたり、責めるに責められない状況になって大変な3日間でした。大河一番熱くなる4月だったし、、、この話はyoutubeで細かく話しているのでもしお時間あればそちらもどうぞ!

コメント