タイの教育ビザの延長手続きをしてきた in ジェーンワッタナー

タイの教育ビザの延長手続きをしてきた-in-ジェーンワッタナー タイ

タイで無職になって3ヶ月。

とうとうこの時がやってきてしまいました。

ビザの延長。

もしかしたら初めてこのブログを見てくださる方もいるかも知れないので、ざっくり現在の私がどういう状況なのか説明しますと、

タイで5年半働く

仕事を辞める

タイのビザが切れるので教育ビザをとって学校に通いながらバンコクに滞在 ←イマココ!

というかんじです。

働いていた頃はビザは1年に1度更新だし、入国出国自由にできるマルチプルで取れてたし、すごく楽でした。

会社は嫌いだったけど!

なんと教育ビザって3ヶ月ごとに切れるんですよ。

日本で取れば12ヶ月のマルチプルも取れるらしいんだけど、それも東京とか行かないといけないし、地方民の私には結構きついし、ラオスでシングルとって3ヶ月のビザを継ぎ足し継ぎ足し延長しながら生活しています。

ビザを取る(タイ国外で)
↓ 3ヶ月後
ビザ延長手続き(2ヶ月分)
↓ 2ヶ月後
ビザ延長手続き(1ヶ月分)

こういう感じで6ヶ月分のビザがもらえます。

で、延長に関してはバンコクでできるんだけど、その手続がジェーンワッタナーっていう交通手段なにもなくて、めっちゃ渋滞するところにあるんですよ。バンコク中心部のアソークやプロンポンから25kmくらい。

ここに行くのがとにかくめんどくさい。

そして、タイ語学校でビザ関連の書類を用意してくれるので持っていくだけでいいんですけど、朝6時に行って並べと言われました。

え?何時って?

6時!!!

6時に家を出るのではなく6時にそこまでたどり着けということはですよ?たぶん渋滞はしてないと思うけどタクシーで行くにしても5時くらいには家を出たほうが良さそうなんですよね。

4時半に起きてジェーンワッタナーに向かいます。

タイの教育ビザの延長手続きをするのに必要なもの

タイの教育ビザを延長する場合に必要なものは、

  1. 学校で用意してもらった書類
  2. 写真2枚
  3. 申請料1,900B
  4. パスポート

この4点です。写真は事前に準備できなくてもジェーンワッタナーに写真屋さんがたくさんあるので大丈夫です。

ちなみにだいたいどこも4枚で100Bでした。

ジェーンワッタナー証明写真屋さん

ビザ用証明写真屋さん

ジェーンワッタナーへの行き方

タクシーで行く

とにかく早く行って手続きを終わらせたい人や、乗り継ぎなどに時間をかけたくない人はタクシーで行くのがおすすめです。

今回、エカマイ5時頃出発の全く渋滞のない状態で高速を使用せずにだいたい40分くらいで到着しました。

ちなみに料金は220B。

渋滞状況や通る道によって値段は変わると思います。

だいたいは「ジェーンワッタナー イミグレーション ビザ」など言えば伝わります。ちなみにすごく大きな建物なのでビルがいくつかに分かれていますが、イミグレーションのあるビルはB棟です。

英語住所

111 Chang Watthana 7 Alley, Khwaeng Thung Song Hong, Khet Lak Si, Krung Thep Maha Nakhon 10210

タイ語住所

111 ซอย แจ้งวัฒนะ 7 แขวง ทุ่งสองห้อง เขต หลักสี่ กรุงเทพมหานคร 10210

バスで行く

ヴィクトリーモニュメントバス停

バスで行く場合はビクトリーモニュメントの近くのバス停からジェーンワッタナー行きのバスが出ています。

バス乗り場は左奥の方です。スカイウォークは右側からしか行けないので、BTSを降りて戦勝記念塔が見えたら右の方からグルっと回って行きましょう。

おそらくこれを使うのが一番安く行くことができると思います。

しかも高速に乗るので比較的渋滞も少ないです。

また、他のバスはイミグレが入っているガバメントコンプレックスの近くまでは行くけど、そこからまたバイタクに乗り換えないといけないんですが、このバスはビルの入口前まで行ってくれるんですよ!なので、公共交通機関で向かうのであればこのバスが一番簡単だと思います。

ただ、デメリットをあげるとすればバスの本数がそこまで多くなく時間によってはかなり待たないといけない可能性があることです。

※166のバスの中にも何種類かあって、ジェーンワッタナーのガバメントコンプレックスに向かうのはバスの前にガバメントコンプレックスと書いてある看板があるのでそれを確認してから乗るようにしましょう。

ビクトリーモニュメントからジェーンワッタナーに行くバス166番

ジェーンワッタナーでのビザ延長の手順

ジェーンワッタナービザの整理券を取る

もしなるべく早く帰りたいと思うのであれば、朝から整理番号をもらっておかなくてはなりません。7時から整理券を配布しますが、6時前からすでに行列ができています。

ちなみにこの写真が朝5時45分頃の様子です。

この列に並んで7時になるのを待ちます。

ジェーンワッタナービザの整理券配布

7時になると、職員の方が整理券を配ります。

1人1枚しかもらえないので、自分以外の人の分をもらうことはできません。

ジェーンワッタナー7時の行列

7時の段階で、これくらいの行列。おそらく7時到着だとお昼を過ぎてしまう可能性が高いです。

ちなみに私は5時45分に到着で25番でした。

8時になるまで待機

整理券をもらったら8時になるまで待機します。

ビザ申請再び整列

8時になったら整理番号順にもう一度整列します。個人的にはなんで2度も並ばせるんだ?この作業無駄じゃない?と思うんですが、、、

カウンターで振り分け

このカウンターでなんの申請に来たかを聞かれます。

持ってきた書類とパスポートを渡すと、それぞれどの窓口に行けばいいか振り分けられます。

タイビザ振り分け番号

私は47ー50番窓口でN1 14で呼ばれます。

ジェーンワッタナー窓口

この電子掲示板の47ー50の前で待ちましょう。

自分の番が来たら中へ入って書類の提出をします。

これが終わったらブースの外で待つようにと言われるのでまた椅子に座って待ちましょう。

パスポート返却

手続きが終わったら職員さんがパスポートを返却してくれます。

これは整理番号で呼ばれるのではなく、名前で呼ばれます。

以上!これでビザの延長が完了です。

コメント